• 印刷する

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書

マニラ首都圏ケソン市は16日、公益事業2社と土地登記庁(LRA)の計3団体と、ビジネス環境の改善のための提携に関する覚書を交わした。世界銀行によるビジネス環境ランキングのフィリピンの順位上昇に向け、事業許認可の電子化を率先して実現させる方針だ。ぜい弱な公共インフラの強化にもつなげていく。

右からマイニラッドのエストレラド最高執行責任者(COO)、バウティスタ・ケソン市長、ロペス貿易産業相=16日、首都圏ケソン市(NNA撮影)

右からマイニラッドのエストレラド最高執行責任者(COO)、バウティスタ・ケソン市長、ロペス貿易産業相=16日、首都圏ケソン市(NNA撮影)

覚書を交わした企業は、国内の配電最大手マニラ電力(メラルコ)と、首都圏で上下水道事業を手掛けるマイニラッド・ウオーター・サービシズ(MWSI)。両社とそれぞれ、電柱の設置と水処理施設の建設のための掘削許可の申請手続きを簡素化することで合意した。

覚書を結んだことにより、メラルコとMWSIは、ケソン市当局に掘削許可の必要書類を電子メールで申請。正式な許可手続きが遅れた場合も、申請から7営業日が経過し、かつ手数料などを納付することで自動承認されるようになった。

■手続き迅速化に手応え

覚書の署名式に立ち会ったロペス貿易産業相は「事業認可の手続きを迅速化するビジネス環境改善法(共和国法第11032号)が2018年に成立したことで、ケソン市をはじめとする多くの自治体が諸手続きの電子化に取り組んでいる」と指摘した。従来は3日かかった市長の認可を、30分で発行できるようにした自治体もあるという。ただ、5割以上の自治体はまだオフラインでの受け付けが主流で、改善の余地が大きいとも話した。

ロペス氏は「世銀のビジネス環境ランキングで、次回は90~99位を狙いたい」と語った。昨年10月末に発表された19年版では、フィリピンは前年から11ランク後退の190カ国・地域中124位だった。

同ランキングでは、建設の許認可手続きや電力事情、起業、不動産登記など10項目を指数化している。ケソン市は16日、LRAの窓口設置に関する覚書も交わした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(19:26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(16:46)

国民IDシステム、来年1月からカード発行(19:18)

テイクオフ:いまだに終息の気配を見…(04/25)

ルソン中部地震で建物損壊 建材の強度を問題視、監視強化へ(04/25)

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(04/25)

SMプライム、中国モール拡張に80億ペソ(04/25)

不動産フィリンベスト、設備投資45%拡大(04/25)

マニラウオーター、水不足で当局の怠慢指摘(04/25)

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン