• 印刷する

テイクオフ:「天から下りた檀君が国…

「天から下りた檀君が国を建てた」という檀君神話の背景である白頭山。北朝鮮の最北部両江道にあるこの山は、韓国人にとって民族の象徵だが、2002年から続く地震で噴火の恐れが高まっている。韓国の火山研究家、尹成孝教授は、これまでの地震の震央が白頭山だったとし、警鐘を鳴らす。

危険なのは、火口湖の20億平方メートルの水とその下のマグマだ。尹氏は地表面近くまでマグマが上昇し、水と触れれば水蒸気爆発が起こり、大気中に大量の火山灰が噴出されると予想する。

白頭山は946年にも大噴火した記録がある。当時の火山灰は、本州や北海道でも発見された。もし、再び噴火すれば中国や日本への影響も否定できない。

北朝鮮は中国と共同研究をしているそうだが、結果の共有はまず望めない。韓国も独自で、事前に被害対策を立て、注視すべきだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英語学習にお金と時間を…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

【日韓対立】日韓は分業体制の維持を 輸出管理の厳格化から1年(中)(07/07)

斗山ビナ、ゲマリンク国際港にクレーン納入(07/07)

新型コロナ感染者、48人増の1万3137人(07/07)

文氏支持率50%割れ、南北関係が影響(07/07)

韓国製造、ビンスマートへ音響部品を納品(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン