豪資源業界、EV普及に備え産銅事業に投資

オーストラリアの資源業界では、電気自動車(EV)の普及に伴う銅需要の拡大を当て込み、産銅プロジェクトへの投資を増加させている。英豪資源大手リオ・ティントや競合のBHPがオーストラリア国内外のプロジェクトの拡張を図るほか、地場資源会社OZミネラルズも楽観的な見通…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(16:18)

ライナス、米中の貿易戦争で事業に好機か(18:05)

ソルター兄弟、ブリスの高級ホテル買収(18:05)

テイクオフ:「この曲を知っているか…(05/23)

アルバニージ氏が新党首濃厚 労働党、ボーエン議員が出馬辞退(05/23)

与党続投、豪財界は「エネ政策の安定を」(05/23)

中国投資50億$減、対中関係再構築が急務に(05/23)

豪株式、前日の高値から続伸(05/23)

資源BHP、WA州ニッケル資産を維持へ(05/23)

BHP、加カリウム鉱山の生産拡張は無謀?(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン