• 印刷する

ユニコーン企業、昨年度は9社誕生

インドでは昨年度(2018年4月~19年3月)に、企業価値が10億米ドル(約1,119億円)を超える新興企業(スタートアップ)「ユニコーン」が9社誕生した。ビジネス・スタンダード(電子版)が15日に伝えた。

昨年度にユニコーン企業に成長したスタートアップは、オンライン教育アプリ開発のバイジューズ(Byju's)、食料雑貨のオンライン販売を手掛けるビッグバスケット、食事宅配サービスのスウィッギー、物流ベンチャーのデリーベリーなど。

デリーベリーは3月に、ソフトバンクの投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」などから4億1,300万米ドルを調達し、インドの物流業界で最初のユニコーン企業となった。

本年度は、昨年度を上回る12社以上がユニコーン入りを果たす見通しだ。医薬品のインターネット販売を手掛ける1mgテクノロジーズや地方言語に対応したニュースサイトを運営するデイリーハントは現在、資金調達計画を進めており、近く企業価値が10億米ドルを超えるとみられている。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

技術者1万人雇用で事業強化 テクノプロ、高まる人材需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

タタコンサル、R&Dで米クアルコムと連携(11/22)

通信各社の未払金、一部に2年間の猶予(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

中国二輪の春風、インドで初のショールーム(11/22)

アポロタイヤ、設備投資予定額を大幅に縮小(11/22)

電気バスの応札価格、支払い懸念で上昇傾向(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

労使関係法案に閣議承認、有期雇用を明確化(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン