• 印刷する

国境橋の入国審査、顔・虹彩認証を試験導入

シンガポール移民局(ICA)は15日、西部トゥアスとマレーシアのジョホールバルを結ぶ国境橋「セカンド・リンク」の検問所で、一部の入国審査に顔認証と虹彩認証を組み合わせた新システムを試験導入すると発表した。今月8日から開始しており、今後6カ月にわたって試験を行う。

まずバスの乗客用の入国審査場を通過するシンガポール国民を対象に実施する。旅券番号がKから始まり、2018年1月1日以降に発行されたパスポートを持つ6歳以上の人を対象とする。

現行の入国審査では、専用端末でパスポートをスキャンした後、親指の指紋の認証確認を行っている。新システムでは、顔・虹彩認証の両方に対応する端末を設置。パスポートの提示は不要になることから、審査の迅速化・効率化が図れるという。

ICAは試験結果を基に、将来は他の入国審査場でも新システムを導入する考えだ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AI技術の特許審査、世界最短の6カ月に(18:04)

建設業の総雇用者数、3年ぶりに増加(18:04)

新興企業ネオ、一人乗り飛行体を開発(18:30)

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

管理会計士への転職支援、研修制度が始動(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

郊外に事務所移転の動き、賃料上昇で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン