• 印刷する

3月の携帯出荷6%減、マイナス幅は縮小

中国工業情報省(工情省)傘下のシンクタンク、中国信息通信研究院(CAICT)によると、3月の携帯電話機の国内出荷は前年同月比6.0%減の2,837万3,000台だった。5カ月連続のマイナスだが、減少幅は縮小した。

3月の携帯出荷を移動通信システムの世代別に見ると、第4世代(4G)移動通信システムが2,697万8,000台(3.9%減)で全体の95.1%を占めた。2Gは138万7,000台、3Gは8,000台だった。

3月の携帯出荷のうちスマートフォンは2,693万6,000台(4.1%減)で、全体の94.9%。国内ブランドは2,568万9,000台(4.8%減)で、90.5%を占めた。また3月に発売された携帯の新機種は52機種(35.0%減)で、うちスマホは40機種(41.2%減)だった。

1~3月累計の携帯国内出荷台数は、前年同期比11.9%減の7,693万1,000台だった。うち4Gが7,331万7,000台(10.5%減)、2Gが357万台、3Gが4万5,000台。ススマホは7,307万2,000台(10.7%減)で、全体の95.0%を占めた。国内ブランドは7,085万7,000台(6.6%減)で、シェアは92.1%だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

環境施設の運営企業、所得税を15%に軽減(13:11)

中国スマホのリアルミー、地場ECと提携(12:00)

国家顧問が一帯一路会議へ 中国側、会談で10億元融資表明(04/26)

「国と認めず」、圧力にめげず 看見カンボジア(3)中国に乗れ(04/26)

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

一帯一路国際フォーラム開幕 構想の推進加速、研究機関も設立(04/26)

マカオの医療保険計画、まず珠海で試行か(04/26)

ネット番組の市場規模、18年は56.6%増(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

1Qの消費者苦情、アフターサービスが3割(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン