• 印刷する

首都の通勤鉄道、JR東日本から192両譲渡

インドネシアのジャカルタ首都圏で通勤鉄道を運行するクレタ・コミューター・インドネシア(KCI)は今年、JR東日本から中古の鉄道車両192両を譲り受ける。このうち24両は1月に引き渡された。11日付地元各紙が伝えた。

KCIは2018年、JR東日本から中古車両計356両を譲り受ける契約を締結。18年に68両、19年に192両、20年に96両が引き渡される。契約額は約1,900億ルピア(約14億9,100万円)だった。

KCIのウィウィック社長は「今年引き渡される192両は、16編成(1編成12両)で運行する予定」と述べた。KCIは今年の目標旅客輸送量を、1日の旅客輸送能力を130万人として前年比2.5%増の3億4,350万人に設定している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアの首都をほ…(09/16)

ニッケル生産、比世界首位に インドネシアの禁輸措置が追い風(09/16)

政府、森林火災などで国内外42社の土地封鎖(09/16)

JAL、越・インドネシア―成田を一時減便(09/16)

中部でヤシ糖工場が稼働へ、日本などに輸出(09/16)

たばこ税、来年1月から23%引き上げへ(09/16)

ダイハツ、8月の小売り台数は前月比7%増(09/16)

ホンダ四輪、8月小売り台数は前月比3%増(09/16)

日系3社、衛星活用の植林管理実験を開始(09/16)

バンドン高速鉄道、工事は33%完了(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン