• 印刷する

2州追加案の中止は縁故主義が原因=内相

カンボジアのサル・ケン内相は9日、国内に2州を新設する計画が中止となったのは、州幹部の縁故主義に対する懸念が理由だったと明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

同内相は昨年8月、南部カンダル州を分割するとともに、北部のモンドルキリ州とラタナキリ州の一部を分けて新たな州にする計画を提案。フン・セン首相もいったんは同意したが、10月になって同意を撤回。「カンダル州知事が勝手に役職の分権を進めた」ことを理由に挙げていた。

サル・ケン内相はこの日、同省で開かれた会議で「首相が計画の中止を決めたのは、州の高官たちが友人を要職に就けようとしていたからだ」と説明した。また、会議に出席していたカンダル州のマオ・ピルン知事を名指しし、「親しい者を州の裁判所長官に推薦した」と批判した。

社会的問題の責任などを調査する非政府組織「アフィリエーテッド・ソーシャル・アカウンタビリティー・カンボジア(ANSAC)」のサン・チェイ専務理事は、「州レベルの行政には縁故主義がまん延している。根絶しなくてはならない」と話した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

1~11月の対日輸出額、9%減の1594億円(01/25)

インド直行便運航、コロナ収束後に実現へ(01/25)

コロナ感染者8人増、累計456人に(01/25)

核禁止条約批准52カ国に、カンボジアも(01/25)

国営郵便など3者提携、企業の輸出を支援(01/22)

首相、インドにFTA締結の検討を要請(01/22)

首都最大の浄水場建設、月内に着工へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン