• 印刷する

《日系進出》スポーツX、ミャンマープロリーグと合弁

アジアでのサッカースクール運営などを手掛けるスポーツX(京都市)は9日、ミャンマーのプロサッカーリーグ「ミャンマー・ナショナルリーグ(MNL)」と合弁会社を設立し、サッカー選手、指導者の育成を中心とする事業を展開することを明らかにした。日本の民間企業が特定国のプロリーグと合弁会社をつくり、事業展開するのは珍しい。

合弁会社設立の覚書を交わしたスポーツXの小山社長(右から2人目)とMNLのサイ・サム・トゥン副チェアマン(同3人目)=9日、ヤンゴン(NNA)

合弁会社設立の覚書を交わしたスポーツXの小山社長(右から2人目)とMNLのサイ・サム・トゥン副チェアマン(同3人目)=9日、ヤンゴン(NNA)

スポーツXは、プロスポーツクラブの設立や経営コンサルティング、スポーツを通じた人材育成などを展開。グループ会社でスクール事業を手掛けており、日本、ベトナム、シンガポールの子どもたち約1万3,000人にサッカーを教えている。

ミャンマーでの合弁会社「ミャンマー・ジャパン・フットボール・デベロップメント」設立に向けては、MNLチェアマンで大手財閥マックス・ミャンマーの創業者でもあるゾー・ゾー氏との出会いを縁に、昨年から準備を進めてきた。資本金は100万米ドル(約1億1,120万円)で、出資比率はスポーツXが8割、MNLが2割。

サッカースクールを展開して選手の育成を進め、ミャンマー代表チームの強化につなげる。また、リーグを活性化するためのスポンサーの獲得やマーケティングも行う。

9日に最大都市ヤンゴンで行われた会見で、MNLのサイ・サム・トゥン副チェアマンは「会社設立の手続きが滞りなく進めば、5月から事業を始める。ミャンマーサッカーのレベルを上げるとともに、スポンサー確保にも日本のノウハウを生かせる」と期待。スポーツXの小山淳社長は「(スクール事業で)100万人の生徒数を目指す。草の根でアジアナンバーワンの組織をつくりたい」と語った。

人口5,300万人を抱え、サッカー人気が高いミャンマーでは、所得の向上とともにサッカースクールの人気が高まっている。日系ではサッカーJ2の「アルビレックス新潟」も拠点を設け、2015年から開始したスクール事業を順調に成長させている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

19年度予算、電力省に最大の割り当て(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

マンダレー管区、16年以降に2000村を電化(10/16)

地場給油所、航空燃料事業への参入目指す(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(10/16)

コメ輸出が急減、9月20日までで229万トン(10/16)

水田の洪水被害、今年は昨年の半分以下(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン