北部のヘイズ問題、8600人以上が健康被害

タイ国家保健保障事務局(NHSO)は、煙害(ヘイズ)が深刻化する北部で、今年1月から現在までに8,600人以上が健康被害を訴えていることを明らかにした。8日付バンコクポストなどが報じた。 2月以降、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が、世界保健機関(WHO)が定めてい…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午)(15:37)

【循環型経済】海洋プラごみ、回収船と連携 オランダに見るタイの活路(下)(02/28)

1月の新車販売、8.2%減の7.2万台(02/28)

2020年1月のタイの新車販売台数(表)(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

アウディ、小型乗用車・SUVの販促強化(02/28)

BMW、セダンの新型3モデル発売(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

SCが新規開発13件、低層住宅にシフト(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン