• 印刷する

現地通貨での決済、東南ア3カ国中銀と合意

現地通貨決済枠組みに関するLOIに署名したジョクノ氏(右から2人目)ら4カ国の中銀総裁=5日、タイ・チェンライ(フィリピン中銀提供)

現地通貨決済枠組みに関するLOIに署名したジョクノ氏(右から2人目)ら4カ国の中銀総裁=5日、タイ・チェンライ(フィリピン中銀提供)

フィリピン中央銀行は5日、インドネシア、マレーシア、タイ各国の中央銀行との間で、現地通貨による貿易決済などの枠組みを構築していくことで合意し、各中銀とそれぞれ二国間の基本合意書(LOI)を締結したと発表した。米ドルなどの先進国通貨を介した為替コストや相場変動のリスクを軽減する。

タイのチェンライで2~5日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)財務相会議、ASEAN財務相・中銀総裁会議の最終日に、フィリピン中銀のジョクノ総裁が、インドネシア中銀のペリー総裁、マレーシア中銀のユヌス総裁、タイ中銀のウィラタイ総裁と、それぞれLOIを交わした。インドネシアとタイの中銀は、既存の現地通貨での決済枠組みの範囲拡大を図ることに合意した。インドネシア中銀とタイ、マレーシアの中銀は、2017年に同様の取り組みを進めていくことを約束する覚書(MOU)を交わしていた。

フィリピン中銀によると、ASEAN経済共同体(AEC)内で現地通貨をより広範に使用することで、地域内の経済と金融の統合を強化し、域内の外国為替・金融市場の発展を促進するという。


関連国・地域: タイマレーシアインドネシアフィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小腹がすいた昼過ぎ、ず…(11/14)

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

修正案でインフラ強化 優先事業7割、来年半ば着工(11/14)

政府インフラ事業は「惨めな失敗」=野党(11/14)

ウデンナ、シェブロンのガス田権益取得(11/14)

IT・BPM業界、予想成長率を下方修正(11/14)

民間の経済指標予測は改善、財務次官が認識(11/14)

ウデンナ、ウェンディーズの事業権取得(11/14)

電子アイオニクス、20年に1000万ドル投資(11/14)

電子決済のペイマヤ、銀行間送金を可能に(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン