• 印刷する

石油管理法案を可決、資源開発に弾み

カンボジア政府は5日、石油資源開発・管理法の草案を閣議承認した。経済成長を促す新たな産業として育てるため、法整備を急ぐ。

新法は9条72項から成る。長期的で持続可能な資源開発や国益の確保などが盛り込まれている。

資源開発を手掛けるシンガポールの新興企業クリス・エナジーは、2017年にタイ湾沖での資源開発について政府と生産分与契約(PSC)を交わした。19年後半から最大で日量3万バレルの原油生産を開始する見通しだ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

宜佳旅遊と中国中信、リゾート開発で提携(16:40)

タイ国境鉄道、実用化に課題 運営・設備整わず、輸送網に遠く(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

EUのコメ課税に反対、東南アに支援要請(04/25)

燃料価格20%上昇、4カ月ぶり=商業省(04/25)

モンドルキリに新空港、年後半に調査開始(04/25)

ケップ州の観光開発推進、カジノは認めず(04/25)

分析重視の教育が必要、IT時代に備え(04/25)

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン