中国と信頼醸成で一致、南シナ海問題で会合

【マニラ共同】フィリピンと中国は2~3日、領有権を巡り対立する南シナ海問題を話し合う「2国間対話メカニズム」の第4回会合をマニラで開いた。終了後、フィリピン政府は自制や信頼醸成措置の重要性で一致したほか、同海域で懸念される最近の動向を議題にしたとの声明を出した…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(14:22)

テイクオフ:「これじゃ足りないよ」…(10/15)

トヨタ、優遇要件達成に意欲 地方需要開拓で生産上積み狙う(10/15)

国営電力、ユニバーサル料金引き上げ申請(10/15)

バイオマス発電事業、外資参入規制を撤廃(10/15)

東洋インキ子会社、不適切会計処理の疑い(10/15)

LRT2号線を西に延伸、3駅設置へ(10/15)

ルフトハンザ、税制改革施行で整備拠点移転(10/15)

セブパシ、クラーク―中国広州線を11月就航(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン