• 印刷する

ヴィエティン銀、日本人向けサービス拡大

ベトナム国営商銀大手のヴィエティンバンク(VietinBank)は3月25日より、日本人専用サービス(ベトナム・サクラ・ベネフィット・パーケージ、VSBP)の受け付けを、従来の12支店から全155支店に拡大した。

VSBPは2014年10月にサービスを開始した日本人駐在員専用の銀行サービス。決済口座のほか、インターネットバンキング、SMS通知、定期預金、クレジットカードなどを取り扱う。各種手数料の優遇や、日本などベトナム国外で利用できるデビットカードを発行している。

ハノイとホーチミン市の旗艦店には日本語人材が駐在し、日本への送金などをサポートする。このほか、コールセンターでも日本語人材が対応。法人だけではなく、個人取引にも対応しているのが特徴だ。ヴィエティンバンクは三菱UFJ銀行が19.7%出資する。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

南北高速道路、カムロ―ラーソン間を着工(09/18)

フーミーフン、7区で新プロジェクト開始(09/18)

HCM市の集合住宅価格、5年で50%上昇(09/18)

コンダオ空港、詳細計画改定版が承認へ(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

越航空とベトジェット、運賃表示で不和(09/18)

深刻化する電力不足、原発計画の再浮上も(09/18)

ドンアイン、国産初の三相500kV変圧器(09/18)

フィッチ、ペトロベトナム「BB」に格付け(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン