政権3年、経済の停滞続く 期待しぼみ、立て直し急務

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が率いる政権が3月30日で、丸3年を迎えた。経済政策は停滞し、外国からの投資は右肩下がりのままだ。政権は新たな規制緩和に舵を切り、立て直しを急いでいる。一方、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの帰還は…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染687人、計8千人突破=25日朝(09:27)

社会保障委、出勤停止対象の加入者に支援金(09/25)

国際線旅客機の着陸禁止、10月末まで延長(09/25)

新興企業がコロナ下で前進 IT浸透追い風、資金調達つなぐ(09/25)

新たに869人感染、8千人に迫る=24日朝(09/25)

コロナ基金融資の第2弾、1千社余りが承認(09/25)

鶏肉の輸入、内需低迷で10月は停止(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン