• 印刷する

クリスエナジー、予定通り年後半に原油生産

資源開発を手掛けるシンガポールの新興企業クリスエナジーは、予定通り2019年後半に、カンボジアのタイ湾沖に位置するアプサラ油田で原油生産を開始する見通しだ。プノンペン・ポスト(電子版)が3月29日伝えた。

カンボジア鉱業・エネルギー省が、クリスエナジーから現況を聴取した上で明らかにした。同省によると、クリスエナジーは20年に商業生産の開始を予定。現在は洋上プラットフォームや掘削リグ、生産バージ、浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)などの整備を進めている。

クリスエナジーは10年にアプサラ油田の開発に参画し、14年に米石油大手シェブロンから、同油田を含むタイ湾沖鉱区Aの権益を取得した。17年にはカンボジア政府と生産分与契約(PSC)を締結。権益比率をクリスエナジーが95%、カンボジア政府が5%とすることで合意した。

第1期開発では、日量最大3万バレルの生産を想定している。


関連国・地域: カンボジアシンガポール
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

フェイクニュース対策強化を 首相が訴え、報道規制に懸念も(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

財務省、金融危機の対応に委員会を新設へ(06/14)

バイヨンが日本などに肥料輸出へ、国内初(06/14)

財閥LYP、ウオーターパークの建設計画(06/14)

外国人観光客、1~4月は11%増(06/14)

CPF、東北の鶏肉工場でカンボジア人増員(06/14)

年功補償支給へ準備進む 労働省が研修、400人超参加(06/13)

中国2社、火力発電所建設を請負(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン