• 印刷する

テイクオフ:新居には東向きの物件を…

新居には東向きの物件を選んだ。壁一面が窓と開放感にあふれるも、朝がつらい。入居時に「絶対光は漏れない」と念を押された見かけ倒しの超極厚カーテンは効果を発揮しないどころか、朝日にギンギンに熱されてとても触れられない。

気象庁は先週末、例年より早い「夏入り」宣言をした。エルニーニョ現象のため降水量が少なく、6月まで全国的に乾燥が続くという。酷暑の深刻さに拍車を掛けるのが首都圏の水不足だ。今月各地で発生した断水は免れたが、明日はわが身かと肝を冷やした日本人も多いはず。

水不足をめぐっては、都市化による需要の増加が目に見えながら、インフラを整備していなかった水道大手に非難が集中している。ダム新設や海水淡水化の必要性が叫ばれるが、即効性はない。夏はこれからが本番。水の備えも念頭に、やはりカーテンを新調すべきかと迷っている。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

コロナ感染新たに1233人、累計5万2914人(07/10)

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン