• 印刷する

日本政府、防災対策拠点の整備支援

日本外務省は22日、カンボジアでの防災対策拠点の整備に3億円の無償資金協力を実施すると発表した。国連世界食糧計画(WFP)と連携して実施し、カンボジア国民の災害に対する対応能力の強化が図られることを期待する。

「カンボジアにおける生活環境改善のための防災対策拠点整備計画(WFP連携)」で、災害時に緊急的な避難施設となる防災対策拠点の整備を支援する。5,000世帯が収容可能となる。災害時に住民が安全・円滑に避難できるよう、防災訓練に必要な資機材なども提供する。

カンボジアでは、2018年7月以降に大型台風などの影響で洪水被害が発生している。日本外務省は今月6日にも、カンボジアで18年7月以降に発生した洪水で被災した家屋の復旧や防災能力の向上などに関し、1億円の無償支援を実施すると発表した。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイPTT、カンボジアの原油輸出に関心(10/15)

労働組合法の10条項改正、閣僚評議会が承認(10/15)

地雷・不発弾の死傷者、1~10月上旬は66人(10/15)

20年の経済成長はやや減速、世銀予測(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

中銀とメイバンク、電子送金業務などで提携(10/14)

台湾の陽明海運、カンボジア含む路線新設(10/14)

日立の昇降機、21年度までにシェア25%目標(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン