• 印刷する

《日系進出》田辺三菱製薬、ハノイに駐在員事務所

田辺三菱製薬(大阪市)は20日、ベトナム・ハノイに駐在員事務所を設置したと発表した。2~3年後の販売子会社の設立を目指し、情報収集と市場調査を進める。

開設日は3月6日で、当面はローカル社員1人が常駐する。同社の広報担当者は、ベトナムで医薬品販売に関する規制緩和が進むとの期待を示し、同国市場でも代理店販売から販売子会社を通じた展開へと移行したいと話した。

同社は医薬品の製造販売拠点をインドネシアに持ち、東南アジア諸国連合(ASEAN)統括拠点をシンガポールに設置している。このほどマレーシア・クアラルンプール(KL)にも販売子会社を設立した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

フエ病院に聴覚検査ルーム、リオンが支援(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

配車アプリ車政令、表示灯義務案が再浮上(09/19)

ハノイメトロ、中国社に開業時期の明示求む(09/19)

HCM市住宅不足が深刻、早急な対策必要(09/19)

住宅メーカーのカバヤ、越で大工育成へ(09/19)

HCM―モクバイ間高速案件、両省市が合意(09/19)

19年の電力需要、9.9%拡大へ=EVN(09/19)

電機アサンゾが操業再開、疑惑で損失47億円(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン