• 印刷する

スマホ大手の小米、18年本決算は6割増益

中国スマートフォン世界大手の小米科技(北京市、シャオミ)が19日発表した2018年12月期本決算は、国際財務報告基準(IFRS)に基づかない調整済み利益が前年比59.5%増の85億5,450万元(約1,420億円)だった。18年7月に香港で上場して以来、初の期末決算。スマホやスマートテレビなどの販売が好調だった。

IFRSに基づく純利益は134億7,770万元。前年の純損失438億8,910万元から黒字転換した。

売上高は52.6%増の1,749億1,540万元。このうち売上高の6割強を占めるスマホ事業は41.3%増の1,138億元だった。18年のスマホ販売台数は1億1,870万台で、前年比で29.9%増加した。米調査会社IDCによると、同年のスマホ出荷台数は世界4位となった。

モノのインターネット(IoT)・製品事業は86.9%増の438億1,690万元。スマートテレビやスマートブレスレット、電動キックスケーター、ロボット掃除機などの堅調な販売が伸びをけん引した。

インターネットサービス事業は61.2%増の159億5,560万元。18年12月時点のスマホやテレビ向けファームウエア「MIUI」の月間アクティブユーザー数は2億4,210万人に上り、前年同月に比べ41.7%増加した。

小米は今年、人工知能(AI)とIoTの融合を目指す「AIoT」をスマホと並ぶ2本柱に位置付けて強化する方針。世界戦略としては、6四半期にわたってスマホのシェアトップを維持し続けているインドでの成功体験を生かしてインドネシアや西欧で攻勢をかけると同時に、海外のその他市場への進出を模索する考えを示した。


関連国・地域: 中国-北京インドネシアインド欧州
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、中国は3カ月連続2位(11:52)

首都公共バス、中国製連節バス21台を運行へ(13:41)

8月の対中輸出、6割増 北部同盟の襲撃後もなお勢い(10/17)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】一帯一路の自動車生産(10/17)

住宅・土地政策に焦点 施政報告、社会の不満解消へ(10/17)

テイクオフ:オフィス近くの日本料理…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

【アジアインタビュー】 アジアに未来あり、アイリスオーヤマの大山晃弘社長(10/17)

燃料電池車の補助金に消極的 財政省、「依存症」弊害を懸念(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン