• 印刷する

政府、汚職専門裁判所の設置を提案

マレーシアの「汚職防止のための特別閣僚委員会」はこのほど、汚職事件を専門で扱う裁判所を新設し、迅速な審理を行うことを提案した。20日付スターが伝えた。

同委員会を率いるマハティール首相は、設立の理由を「汚職関係の訴訟が優先されることなく、通常の訴訟として扱われているため」と説明。汚職専門裁判所を速やかに設ける構想だが、関連法規の改正に多少時間を要するとの考えを示した。

特別閣僚委員会はまた、国防省が特定の選挙区で軍関係者に投票させることを目的として、土地交換で陸軍基地の用地を不当に取得した上で、兵士を駐留させたとされる疑惑について、統治・調達・財政調査委員会による報告を受けた。同委は16件の土地交換取引で、国防省に5億リンギ(約137億円)以上の損失が出たと指摘した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…(10/15)

予算案の税制措置は緩和方向 景気弱含み配慮、日系にも恩恵(10/15)

不動産投資、東南アにシフト=香港不安で(10/15)

太陽光設備のリース企業へ優遇、普及に弾み(10/15)

外国人の保有可能な住宅、下限60万リンギに(10/15)

RM1=25.9円、$1=4.19RM(14日)(10/15)

手袋業界、最低賃金引き上げで価格上昇か(10/15)

F&N、ペルリス州の取得用地に酪農拠点(10/15)

首相の国連演説、パーム油の対印輸出にも影響か(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン