• 印刷する

潤滑油ラボが開所、国内基準の取得義務化で

潤滑油の試験ラボラトリーの開所を祝い、テープカットするアイルランガ産業相(前列中央)=18日、西ジャワ州(同省提供)

潤滑油の試験ラボラトリーの開所を祝い、テープカットするアイルランガ産業相(前列中央)=18日、西ジャワ州(同省提供)

インドネシア産業省は18日、国営検査会社サーベイヤー・インドネシアが同日、西ジャワ州ボゴール県スントゥールに潤滑油の試験ラボラトリーを開所したと発表した。9月から国内で流通する全ての潤滑油は国内基準(SNI)の取得が義務化されることが背景にある。

開所式に出席したアイルランガ産業相によると、ラボラトリーの開設までにかかった費用は580億ルピア(約4億5,400万円)。「ラボの開所でSNI取得の義務化が円滑に進められる。産業の競争力強化や、粗悪品の排除による消費者保護にもつながる」と話した。国内の潤滑油の年産能力は現在200万リットルという。

潤滑油に対するSNI取得の義務化は、昨年9月に公布した産業相令『2018年第25号』で規定された。SNI認証使用製品証明書(SPPT)は、国家認定委員会(KAN)が指定した製品認証機関(LSPro)が発行する。外資系企業に対しては、輸入業者にインドネシア企業を指名することが義務付けられる。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「私の携帯番号は081…(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

ジョコ2期目政権始動へ 若手、専門家、政党調和の新内閣(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア(10/24)

「進む内閣」、主要ポストの多くが留任(10/24)

東芝、地熱発電のトラブル予兆診断を実証(10/24)

住商が首都郊外に第2倉庫、11月稼働へ(10/24)

ガルーダ、21年から貨物輸送に無人機導入(10/24)

グラブ、年内に健康相談と保険の新サービス(10/24)

インドネシアの鋼材、貿易救済局が調査(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン