• 印刷する

サタパナ銀、資本金3千万ドル追加

カンボジアの日系サタパナ銀行は18日、資本金を3,000万米ドル(約33億円)追加したと発表した。既存事業の拡大や新規事業の開発などを強化していく。

カンボジア中央銀行から15日に正式認可を得た。サタパナ銀行の資本金は、追加分を含め1億5,000万米ドルに増加した。

サタパナ銀は2016年4月、パチンコチェーンなどを手掛けるマルハン(東京都千代田区)のカンボジア子会社マルハンジャパン銀行とカンボジアの小口金融大手サタパナが統合し、商業銀行として誕生した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

SBIが地場子会社化、銀行事業に再参入(10/17)

シアヌークビル港取扱量、1~9月は18%増(10/17)

主要3空港の旅客数、1~9月は15%増(10/17)

シエムレアプの大型文化施設、政府が認可(10/17)

タイPTT、カンボジアの原油輸出に関心(10/15)

労働組合法の10条項改正、閣僚評議会が承認(10/15)

地雷・不発弾の死傷者、1~10月上旬は66人(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン