• 印刷する

モスが海外初の日本コンセプト店、九龍湾に

モスフード香港は、日本をテーマにした海外初のコンセプト店をオープンした=九龍湾(NNA撮影)

モスフード香港は、日本をテーマにした海外初のコンセプト店をオープンした=九龍湾(NNA撮影)

ファストフードチェーン「モスバーガー」を運営するモスフードサービス(東京都品川区)傘下のモスフード香港は19日、日本をテーマにした海外初のコンセプト店を香港・九龍湾の淘大商場(アモイ・プラザ)にオープンした。メニューや店の内装などで和風を前面に打ち出したほか、香港市民の健康志向の高まりを受けてサラダメニューを充実させた。

オープンしたのは「モスカフェ淘大商場店」。モスバーガーの日本本部が監修し、従業員の制服や食材選び、商品の包装まで和のテイストを取り入れた。同店では期間限定の「天丼ライスバーガー」を今月27日から先行して販売する。香港のモスバーガー系列店で初めてとなる焙煎機も設置した。

モスバーガーは2006年10月に香港に進出し、域内の店舗数は現在、モスバーガー20店、モスカフェ5店となっている。モスフードサービスの瀧深淳国際本部長によると、より多くの香港市民にモスを知ってもらえるよう住宅街である九龍湾に出店した。

モスバーガーの海外店舗数は18年時点で368店、海外の年間売上高は262億円に上る。瀧深国際本部長は「ベトナムのようにまだ進出していない地域の市場を開拓する」と今後の方針を述べた。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

香港の日系企業数、今年も2位を維持(13:54)

住宅・土地政策に焦点 施政報告、社会の不満解消へ(10/17)

施政報告、議会で行えず=民主派議員が抗議(10/17)

条例改正案の撤回、23日に延期へ(10/17)

米下院、香港人権法可決=近く上院も(10/17)

最低賃金凍結の可能性を否定せず、委員会(10/17)

香港・中国系ハイシャイン、首都で住宅発売(10/17)

JPモルガン幹部、香港からの資金流出否定(10/17)

銀行の資本基準緩和、効果を疑問視も(10/17)

香港の銀行、今は格下げせず=ムーディーズ(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン