• 印刷する

テイクオフ:病院内でのいじめに耐え…

病院内でのいじめに耐え切れず、昨年2月に自殺した看護師に対する労災が今月認定された。業務による過労と精神疾患が認められたという。

看護業界では新人へのパワハラが常態化している。新人を灰になるまで燃やす「テウム(燃やす)」という業界用語まで存在する。昼食時間を与えなかったり、10日以上の連続勤務を強いたり、カルテで頭を叩いたり、他の職種に比べていじめの質が悪いという。

こうした職場の雰囲気では、当然退職率も高くなる。「テウム」に耐え抜いて、入社100日目を迎えた看護師はお祝いをされるほどだ。

今年1月には、5年目の看護師が新しい部署で働き始めて12日目で自殺した。人の命を救う病院で起こる惨事。パワハラ行為を禁じる改正法が7月に施行されるが、医療現場のいじめをどこまで防げるのか。不安がつきまとう。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

商船三井と大宇造船、ICT船舶管理で協力(15:50)

韓美薬品の前立腺肥大症治療剤、日本に輸出(15:21)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

バンビエンの観光客が減少、新型肺炎で(02/27)

テイクオフ:「在宅勤務始まった?」…(02/27)

海外からの入国者隔離の動き 山東省各地で、日韓など対象(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

苦境の小売業界「三重苦」 相次ぐ事業縮小、低迷長期化も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン