1月は9カ月ぶり財政黒字 予算成立遅れ歳出が前年割れ

フィリピンの財政省財務局が発表した2019年1月の財政収支は445億ペソ(約938億円)の黒字だった。黒字は9カ月ぶりで、前年同月から4.4倍に増えた。19年度国家予算の成立が遅れ、18年度予算を暫定的に執行していることで、新規プロジェクトへの支出や公務員給与の調整ができないた…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:深夜の空港に人間ドラマ…(09/17)

経常赤字17.4億ドルに縮小 1~6月、サービス・所得が好調(09/17)

投資認可額8%増、1~8月=経済区庁(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

フィレックス、シランガン開発で資金調達へ(09/17)

内航船の近代化推進、高速船など導入(09/17)

サウジ石油施設への攻撃、影響大=外相(09/17)

メガワールド、カビテで新たな都市開発(09/17)

〔ミ島通信〕鉄道敷設事業、20年に着工(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン