港湾運営ATI、2年間で308億円設備投資

フィリピンの港湾運営大手エイジアン・ターミナルズ(ATI)は、今年と来年の設備投資に147億ペソ(約308億円)を充てる計画だ。マニラ南港とルソン島南部のバタンガス港の貨物処理能力を引き続き増強する。 ATIの声明によると、今年の設備投資額は2018年の37億ペソから2倍…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:聖週間(ホーリーウイー…(04/23)

財閥10社、18年は15%増収 純利益に明暗、原油高響く(04/23)

資料:18年の財閥および大手複合企業の業績(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

バナナ輸出協会、日本の検疫強化に懸念(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

農業省、肉過剰受け輸入制限を検討(04/23)

フィリピン証取、年内に空売り規制解除へ(04/23)

22日為替:$1=52.040ペソ(↓)(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン