• 印刷する

大気汚染による経済損失、18年は4千億円

韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院は、大気汚染による経済損失は推定で4兆230億ウォン(約3,954億円)に達すると発表した。名目国内総生産(GDP)の0.2%水準となる。

同研究院は全国の成人1,008人を対象に大気汚染による産業別の「体感制約度」(屋外活動への制約や売り上げへの影響)を調査した。これを産業別従事者数の割合を考慮して名目GDPに換算。大気汚染の注意報が発令された1日当たりの損失は1,586億ウォンと推定される。1日当たりの損失に、18年の大気汚染の注意報発令日数(25.4日)をかけて年間の損失を算出した。

生産活動に支障が出た度合いは平均6.7%。産業別では屋外での作業が多い農林漁業や8.4%と最も高かった。

また、大気汚染に対処するための家計支出は1世帯当たり月平均2万1,260ウォンだった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大学の卒業論文で、日本…(04/01)

新型コロナで相次ぐ納品遅延 損失1800億円、半導体にも打撃(04/01)

米英中韓など渡航中止勧告、外務省49カ国・地域(04/01)

日本の渡航禁止勧告「遺憾」、韓国外務省(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

新型コロナ感染者9786人、前日比125人増加(04/01)

現代自、シンガポールに新技術ラボ設立(04/01)

韓国ポスコ、鉄スクラップの越合弁を清算(04/01)

ポスコケミカル、EV電池部材工場を新設(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン