韓国化粧品、日本で存在感 低価格帯戦略が奏功

韓国の化粧品メーカーが日本の化粧品市場で存在感を高めつつある。韓国の化粧品最大手、アモーレパシフィックが傘下の低価格帯ブランド「エチュードハウス(ETUDE HOUSE)」に力を入れるなど、資生堂などの地場ブランドや海外の高級ブランドとの勝負を避ける販売戦略が奏功してい…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で猛威を振るう新型…(02/17)

コロナ被害はMERS以上か 20年成長率、1%台に押し下げも(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

「パラサイト」効果、食品・書店・英語塾も(02/17)

カムシス、サムスン新型スマホに部品供給(02/17)

新型肺炎の感染者、新たに1人確認=29人目(02/17)

車業界がモデル投入に投資継続、需要喚起へ(02/17)

1月自動車産業は不振、旧正月で操業日減少(02/17)

韓国GMが物流2拠点閉鎖へ、労組は反発(02/17)

電池紛争、米ITCがLG勝訴の「仮決定」(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン