• 印刷する

KT、ソウル光化門広場に5G体験館設置

韓国通信大手KTは15日、ソウル市と協力して、第5世代移動通信システム(5G)を体験できる体験館をソウル・光化門広場にオープンした。体験館の広さは約1,280平方メートルと、これまで同広場に設置された建物のうちで最も大きいという。今回100回目を迎える全国体育大会が10月にソウル市で開催されることを記念して設置した。

体験館には、スペイン・バルセロナで開催された世界最大の通信関連展示会「モバイルワールドコングレス(MWC)」で好評だったという「スマート工場」のコーナーが設けられた。作業現場の様子を360度の角度からリアルタイムでモニタリングできるスマートサーベイランスなどの技術を体験できる。スマートサーベイランスは既に、造船最大手の現代重工業の作業現場の一部で採用済みだ。

スマート工場のほか、5Gネットワークにつながったサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS10」、仮想現実(VR)ゲーム、ホログラム、ボタン1つでコーヒーなどの飲み物をコップに入れてテーブルに置いてくれるロボットなどが展示されており、家族連れでも楽しめる。開催は31日まで。

5G体験館に展示されたサービスロボット=15日、ソウル(NNA撮影)

5G体験館に展示されたサービスロボット=15日、ソウル(NNA撮影)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(01/23)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(01/23)

現代商船の新社長「3Qに黒字転換可能」(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン