• 印刷する

大和ハウスの中国合弁、巨額の不正疑い

大和ハウス工業は13日、中国の合弁会社である大連大和中盛房地産(遼寧省大連市)で、合弁相手から派遣されている3人に不正行為の疑いがあったと発表した。3人のうち2人は取締役。預金残高と帳簿に差異があることから調査を行ったところ、現時点で差額が14億1,500万元(約234億8,800万円)に上ることが判明した。

大連大和中盛房地産の現地経理担当者からの報告で調査を行ったところ、不正に会社資金が引き出されていたことが判明。これを受けて、同社は12日、不正を行ったと思われる3人を中国捜査当局に業務上横領などの疑いで刑事告訴する手続きに入った。

大和ハウスは、大連大和中盛房地産が持ち分法適用関連会社のため、この差額が不正流用でありその全額が回収できなかった場合には約117億円の持ち分法投資損失(経常損失)を計上する見込みだと説明した。また、今後は関連会社の内部統制システムについて見直しを行い、再発防止に努めるとした。

住宅開発と販売を行う大連大和中盛房地産は2005年の設立で、大和ハウスが83.65%、大連中盛集団が16.35%を出資している。資本金は33億元。18年12月末現在の売上高は1億8,001万元に上る。


関連国・地域: 中国-大連日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国有株の年金基金への移管、年内に作業完了(12:57)

中国白物家電大手の美的、台湾に本格参入(12:55)

テイクオフ:「娃娃魚」とは中国語で…(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

対中制裁関税から437品目除外 米、閣僚協議の前進にはずみか(09/23)

豪州と米国、首脳会談開催 中国を念頭に連携した対応を確認(09/23)

北京と上海に学べ、商環境改善措置を全国で(09/23)

日中が自動運転フォーラム、技術協力を推進(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

省間輸送の大型ばら積み貨物船、1843隻に(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン