• 印刷する

家楽福、PS製の生鮮食材包装廃止しPLA製に

フランスの量販店世界大手「カルフール」を台湾で展開する台湾家楽福(台湾カルフール)は12日、生鮮食品に使用する包装材について、2019年内にポリスチレン(PS)製からポリ乳酸(PLA)製に変えると発表した。13日付経済日報などが伝えた。

台湾カルフールによると、食肉加工を手掛ける立大農畜興業と金豊盛食品と共同で開発した再生可能なPLA製包装材を使用する。独自技術による真空包装で、4~10日間鮮度を保つことができるという。

現在、台湾カルフールでは、環境対策を目的に肉類商品の95%でPS包装材の使用を廃止。PLAへの移行を進めている。

台湾カルフールは現在、台湾域内に127店舗を展開。19年は新たに20店を出店し、150店舗まで増やす計画だ。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料化学小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、2Qは7%増収へ 通年も微増予想、先端プロセス貢献(04/19)

鴻海の米工場、州知事が優遇策見直し表明(04/19)

中華電信のトップ交代、後任に謝継茂総経理(04/19)

シャープ再建に波乱も、カリスマ転身で影響必至(04/19)

デルタ、25億元で中レキに工場用地購入(04/19)

光学膜の嘉威、家具関連2社の完全買収を決定(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

タイヤバルブの六暉、中国アモイ工場拡張(04/19)

露天拍売、米イーベイの商品1300万以上販売(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン