【ポスト軍政】閉鎖の島が問う観光持続性 4年で外国人5割増、資源限界も

タイの軍事政権下では、2014~18年にかけて年間の外国人旅行者数が5割増えて3,800万人を超えた。旅行者数で世界のトップ10入りし、観光業は国内総生産(GDP)の約2割を占める。観光立国の地位を確固たるものにしたのは、過去の政治的混乱が落ち着いたことも要因の一つ。一方、…

関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界有数の観光国として…(10/15)

タイPTT、カンボジアの原油輸出に関心(10/15)

いすゞがピックアップを刷新 8年ぶりに、海外市場の販売強化(10/15)

スーパーカーの輸入関税、密輸取締で急増(10/15)

コメダ、タイとミャンマーに出店へ(10/15)

外食ゼン、タイ屋台風料理店の出店を加速(10/15)

セントラル、イタリア高級百貨店を改装開業(10/15)

三井住友銀、インド市場のセミナー開催(10/15)

日産、メルボでUTEを豪仕様に組立て(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン