【ポスト軍政】閉鎖の島が問う観光持続性 4年で外国人5割増、資源限界も

タイの軍事政権下では、2014~18年にかけて年間の外国人旅行者数が5割増えて3,800万人を超えた。旅行者数で世界のトップ10入りし、観光業は国内総生産(GDP)の約2割を占める。観光立国の地位を確固たるものにしたのは、過去の政治的混乱が落ち着いたことも要因の一つ。一方、…

関連国・地域: タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの南部トラン県での…(01/30)

リネット、日系フレアと車体広告展開へ(01/30)

肺炎拡大で観光戦略を見直し 収入11兆円達成へ、東南ア強化も(01/30)

オレンジライン西部区間の建設、閣議で承認(01/30)

不動産スパライ、新規30事業に700億円(01/30)

タイCP、カンボジアでコーヒー生産検討(01/30)

EGCO、ラオスの水力発電への出資撤回へ(01/30)

アサヒ、タイ企業とのカルピス合弁解消(01/30)

SCGの19年決算は28%減益、3年連続縮小(01/30)

サスコ、20年は石油製品販売8%増目指す(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン