【新時代のリーダー】ローパフォーマーへの対応を見直そう

第27回 シンガポールでは4月に雇用法が改正されます。特に影響が大きいと感じているのは、適用範囲が管理職および上級職にも広がるのと、労使紛争の取り扱いを雇用請求法廷(ECT)に一元化することです。 ECTへの一元化によって、月給4,500ドル(約37万円)以上の管理職や…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月9日は、シンガポー…(08/19)

定年65歳・再雇用70歳へ 30年までに、積立基金も引上げ(08/19)

5カ月連続輸出減、通年で10年ぶり低水準も(08/19)

起業家精神や海外志向、東南アジアで最低水準(08/19)

クラーク国際空港の運営、民間引き継ぎ(08/19)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(08/19)

無人コンビニ、地場3社が展開(08/19)

小児ぜんそく監視端末、スタートアップ開発(08/19)

マレーのサラワク州と合意8件、食料調達で(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン