• 印刷する

豪ドルは有望通貨?JPモルガンが回復予測

JPモルガン・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャーが、豪ドルは有望な通貨で、今後回復の予兆があるとの見方を示している。米連邦準備制度理事会(FRB)がハト派であること、2019年下半期に国際経済が回復見込みであること、また米中貿易摩擦が解消傾向にあることなど、国際的なプラス要因が、住宅市場低迷などの国内リスクを上回るとみられ、長期的に見れば1豪ドル=0.75米ドル(約84円)まで上昇する可能性があると予測している。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

豪ドルは先週7日、対米ドル為替レートが0.7027米ドルとなり、2カ月ぶりの低水準に下落。米国の金利上昇と米中貿易摩擦により、リスク資産への需要が冷え込んだことから、豪ドルはG10の参加国の中では最もパフォーマンスの悪い通貨となっていた。

同社のアジア外国為替部門のポートフォリオマネジャー、カレガリ氏は、「米中貿易摩擦は完全に終結するわけではないが、2国間での協議が合意に近づいていることは豪ドルには好影響」と説明。ただ、国際的な経済成長の確固たる兆候が確認できるまでは、楽観的な見方を強めないとしている。

豪ドルは8日16時時点で、1豪ドル=0.7009米ドルと前日比0.057%安で推移していた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

テイクオフ:消防士のボランティアを…(11/22)

日本は積極的なインフラ提案を 豪日経済委副会長インタビュー(11/22)

〔政治スポットライト〕豪NZ外相、G20名古屋外相会合に出席(11/22)

キリンHDが米クラフトビール大手買収(11/22)

豪政府、環境承認や労使制度を簡素化へ(11/22)

〔オセアニアン事件簿〕ウエストパック、資金洗浄法違反で罰金莫大か(11/22)

医療保険ブパ、若者加入奨励策を政府に要請(11/22)

電気自動車に課税、VICとNSWが導入か(11/22)

複合企とコールズ時価、分社後160億$上昇(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン