マルウエア攻撃被害は1割未満 露社調査、モバイル端末利用で

ロシアのサイバーセキュリティー大手カスペルスキーによると、シンガポールで2018年に同社製品の利用者のうちモバイル端末向けマルウエア(悪意のあるソフトウエア)の攻撃を受けたのは1割未満にとどまったことが分かった。東南アジア主要国の中では比較的低い水準にある。モバイ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンロシア
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でマスクが生活…(03/09)

【ASEAN戦略】コロナ禍で店舗展開加速 外食トリドール、新業態優先(03/09)

【スタートアップ大国】低コストな培養肉を開発 クリアミート、2年以内に発売へ(03/09)

外国商工会、配偶者の就労要件厳格化に難色(03/09)

富裕層への増税、競争力低下に懸念の声(03/09)

シンガポール決済会社、軍系通信と取引停止(03/09)

MRT横断線第1期、大成建設らに発注(03/09)

配車アプリのライド、22年に第2部上場計画(03/09)

60代のワクチン接種前倒し、重要職従事者も(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン