• 印刷する

中国人によるネット犯罪増加、移民局

カンボジア内務省移民局は、インターネットを利用して詐欺や違法賭博を行った容疑で、2018年に中国人403人、マレーシア人48人を逮捕したことを明らかにした。中国人の逮捕者は、前年から100人以上増加した。クメール・タイムズ(電子版)が5日伝えた。

移民局の18年報告書によると、ネット経由のIP電話を用いた詐欺行為やオンライン賭博の運営が増加した。 

移民局は14年~18年に、93カ国・地域出身の1万4,909人を国外退去処分とした。このうち1,649人は経済犯罪に関与したとされる中国人。17年には300人以上の中国人が強制送還された。

中国の王文天・駐カンボジア大使は1月、カンボジア当局との協力で、中国人による犯罪の取り締まりを強化する方針を示している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

上期インフレ率2.5%、原油下落などが影響(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(07/13)

G20がデジタル通貨容認へ、論議を本格化(07/13)

正月の振り替え、今月末から来月初旬の間に(07/10)

1~6月の縫製品輸出、5%減の38億ドル(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン