• 印刷する

中国物流の順豊、ヨマと国分の合弁に出資へ

ミャンマーの大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下でシンガポール取引所(SGX)上場のヨマ・ストラテジック・ホールディングスは1日、ミャンマーで食品卸大手の国分グループ本社(東京都中央区)と設立した物流合弁会社に、中国物流大手の順豊控股が出資参画すると明らかにした。

ヨマは2014年、国分との折半出資で、コールドチェーン(低温物流)や在庫管理、輸送などを手掛ける合弁会社KOSPA(コスパ)を設立した。

ヨマは今回出した声明で、特定の条件をクリアすることが条件とした上で、順豊が400万米ドル(約4億4,800万円)を出資してKOSPAの株式の25%を取得する計画だと説明。ヨマの出資比率は50%で従来と変わらず、国分の出資比率が25%に下がり、KOSPAはヨマの子会社となる。順豊からの出資金は主に、車両台数と倉庫の拡大に充てる予定。

ヨマのメルヴィン・パン最高経営責任者(CEO)は、順豊の参画は、電子商取引(EC)事業への取り組みにもつなげることができるとコメント。国分の国分晃・社長兼最高執行責任者(COO)は「順豊の技術や専門知識を生かし、サービスを向上させるとともに、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)をつなぐ国境物流や急行便などの分野で事業を拡大したい」としている。


関連国・地域: 中国ミャンマー日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

19年度予算、電力省に最大の割り当て(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

マンダレー管区、16年以降に2000村を電化(10/16)

地場給油所、航空燃料事業への参入目指す(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(10/16)

コメ輸出が急減、9月20日までで229万トン(10/16)

水田の洪水被害、今年は昨年の半分以下(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン