• 印刷する

エプソン、高輝度プロジェクター2種を発表

発表会では、新製品を実際に用いて超大型スクリーンを再現(NNA撮影)

発表会では、新製品を実際に用いて超大型スクリーンを再現(NNA撮影)

セイコーエプソンの韓国子会社、韓国エプソンは5日、ソウル・東大門歴史文化公園で高輝度プロジェクターの新製品2種の発表会を開催した。最大1,000インチまで投射できるため、超大型スクリーンとしてだけではなくデジタルアート向けとしても活用できる。

お披露目した「EB―L12000Q」と「EB―L20000U」は、輝度がそれぞれ1万2,000ルーメン、2万ルーメンと高いため、明るい場所でも使用できる。また、液体冷却装置を内蔵し、LCDパネルなど光学装置の温度上昇を防ぎ、防塵フィルターを備えるなど、最大2万時間の長時間使用を可能とした。

本体の重量は同クラスの他社製品のおよそ半分と、大幅な軽量化に成功。韓国エプソンの関係者は「(競合他社の同クラス製品は)設置に3~4人の成人男性が必要だったが、新製品なら2人で済むため人件費も節約できる」と説明した。

また、超短焦点レンズなどこれまでに発売した全ての交換レンズに対応しているため、空間の大きさに左右されない設置の自由度も特徴だ。4K映像の投射も可能。ビジネス用途だけでなく、プロジェクションマッピングなどデジタルアート用としても使用できるという。

発表会では、実際に新製品を用いた超大型スクリーンで製品紹介が行われた。韓国エプソンの渋沢泰夫社長は「新しい技術によって生み出される、想像を超えたビジュアル体験を今回の発表会でも再現した。これらを通じ、持続可能な成長と良質の雇用創出、産業と美術の革新基盤につなげていきたい」と述べた。

韓国エプソンが発表した高輝度プロジェクター「EB-L12000Q」。上位モデルの「EB-L20000U」は外観はほぼ同じだが、輝度がより高く多彩なインターフェースに対応する(同社提供)

韓国エプソンが発表した高輝度プロジェクター「EB-L12000Q」。上位モデルの「EB-L20000U」は外観はほぼ同じだが、輝度がより高く多彩なインターフェースに対応する(同社提供)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

放射能問題が新たな火種に 相次ぐ検査強化、五輪絡め批判も(08/23)

韓国が軍事協定を破棄、輸出規制強化に対抗(08/23)

アシアナ航空がダナン線増便、日韓減便も(08/23)

日韓議連総会が不透明に、政府間対立で(08/23)

豪富士通、起亜とパトカー搭載向けAI開発(08/23)

韓国とイスラエル、FTA交渉妥結(08/23)

7月の生産者物価、2年9カ月ぶり下落(08/23)

SKシルトロン、海外営業を本社一括対応(08/23)

ベンツコリア、部品物流センターを2倍に(08/23)

日企3社の海運ONE、豪向け事業を拡大(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン