• 印刷する

地方開発銀、精米業者に5千万ドル融資

カンボジアの地方開発銀行(RDB)は、2018年の精米業者への融資額が5,000万米ドル(約55億9,500万円)に上ったと明らかにした。将来は同額相当の追加融資を実施することも検討している。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

RDBのカオ・タク総裁は、一部地域で干ばつによるコメの減産が報告されているにもかかわらず、精米業者からの融資を求める声は依然として根強いと指摘。財務経済省に対し、さらに5,000万米ドルの追加融資を求める考えを示した。

RDBは政府から、16年9月に約2,700万米ドル、17年8月に約2,300万米ドルを供与され、農業支援を目的に融資を実行してきた。カンボジア・コメ連盟(CRF)のフン・ラク副会長は「政府の支援額は精米業者が必要とする融資額全体の1割程度にとどまっている」と指摘している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

リネット、カンボジア事業の営業利益12倍に(10:50)

日系とウイング、融資管理システム共同開発(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

1~10月の税収、28%増の24億米ドル(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

地雷死傷者、2年連続減少 依然被害多いとNGO(11/22)

スリランカ男性の無罪確定、傷害致死(11/22)

衣料パディーニ、来年カンボジアで4店目(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン