• 印刷する

京急、高層マンションのモデルルーム開所

建設予定地にオープンした「サウスゲート プライム タワー」のモデルルーム(伊藤忠グループ提供)

建設予定地にオープンした「サウスゲート プライム タワー」のモデルルーム(伊藤忠グループ提供)

京浜急行電鉄や伊藤忠商事などがインドネシアの首都ジャカルタで建設する高層タワーマンション「サウスゲート プライム タワー」のモデルルームが2日、オープンした。

「サウスゲート プライム タワー」は、地場不動産開発シナールマス・ランドが南ジャカルタのタンジュンバラット地区で開発する大規模複合開発地区「サウスゲート」の一部。京急電鉄、伊藤忠グループのインドネシア子会社JCREAL、シナールマス・ランドのグループ会社の計3社が出資する合弁会社ケイキュウ・イトマス・インドネシアが開発を手掛けており、2021年7月の完成を目指している。

総戸数は189戸。各戸の床面積は68~161平方メートルで、価格は25億~65億ルピア(約1,980万~5,200万円)。昨年9月末に予約販売を開始しており、2日までに全体の約10%を成約した。伊藤忠グループの担当者は、4月に投開票される大統領選挙や6月のレバラン(断食明け大祭)を経て、「年後半に需要が増えると見ている」と説明した。

「サウスゲート」の中核となるイオンモール4号店は20年6月末までの開業を予定している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、拡大防止策強化を=専門家(20:22)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

テイクオフ:家人が起こしに来た。イ…(03/30)

自治体が相次ぎ移動制限 ロックダウン政令公布へ(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

首都「災害緊急対応」2週間延長、19日まで(03/30)

ガルーダ航空、4月に関空―バリ便を減便(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン