• 印刷する

テイクオフ:フィリピンもストレス社…

フィリピンもストレス社会だというと、意外だろうか。国籍を問わず、マニラ首都圏で働く人は、仕事などで神経をすり減らしている。そんなストレスを感じたときに思い出してもらいたいのが、「セルフコンパッション」だ。

セルフコンパッションは「ありのままの自分を受け入れる」ことで、2000年以降に浸透してきた考え方だ。失敗などに直面した際、自責の念に駆られるのではなく、自身にも他人にも優しくできる精神的健康を保つための理念で、「自己憐憫(れんびん)」とは少し異なる。

首都圏で働く知人は不安障害を抱え、定期的に抗不安薬を摂取しながら生活している。自ら完璧を求めてしまうプレッシャーに参ってしまったのだという。多国籍企業で働く人なら、異文化間の調整もあり、疲れも余計たまるだろう。そんなときこそ、一息ついてセルフコンパションを。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

20年のFDI認可額71%減 過去最大の下落、コロナ打撃(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

コロナ感染新たに2269人、計56万8680人(02/26)

経済活動拡大を検討、現行の外出制限下で(02/26)

完成車の輸入制限、適用除外国を削減(02/26)

ワクチン接種意向、成人の2割=比大調べ(02/26)

1月の国際収支、7.5億ドルの赤字(02/26)

コカコーラ、今年は増産へ6300万ドル投資(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン