• 印刷する

テイクオフ:フィリピンもストレス社…

フィリピンもストレス社会だというと、意外だろうか。国籍を問わず、マニラ首都圏で働く人は、仕事などで神経をすり減らしている。そんなストレスを感じたときに思い出してもらいたいのが、「セルフコンパッション」だ。

セルフコンパッションは「ありのままの自分を受け入れる」ことで、2000年以降に浸透してきた考え方だ。失敗などに直面した際、自責の念に駆られるのではなく、自身にも他人にも優しくできる精神的健康を保つための理念で、「自己憐憫(れんびん)」とは少し異なる。

首都圏で働く知人は不安障害を抱え、定期的に抗不安薬を摂取しながら生活している。自ら完璧を求めてしまうプレッシャーに参ってしまったのだという。多国籍企業で働く人なら、異文化間の調整もあり、疲れも余計たまるだろう。そんなときこそ、一息ついてセルフコンパションを。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン