• 印刷する

ゴジェック、タイで正式にサービス開始

インドネシアの配車サービス大手ゴジェックは2月27日、タイでのサービスを正式に開始すると発表した。タイでは同国法人のゲットが「ゲット」の名称でサービスを展開し、先行する「グラブ」などに対抗する。

ゲットの共同創業者のピンヤ最高経営責任者(CEO)によると、バイクタクシーの配車サービス「ゲットウィン」、デリバリーサービス「ゲットデリバリー」は昨年12月から、食品デリバリーサービス「ゲットフード」は今年1月から試験運用しており、これまでに計200万件の利用があった。ゲットウィンが70%を占め、残りはゲットデリバリーとゲットフードが半々だった。専用アプリは20万件がダウンロードされている。現在の契約運転手は約1万人で、バンコクの80%のエリアでサービスを提供している。

3月末までにバンコク全域にサービスエリアを拡大する計画で、電子決済サービス「ゲットペイ」の投入も検討している。

ゴジェックはインドネシア、タイ、ベトナム、シンガポールでサービスを提供。フィリピンでは電子決済サービスを行っている。

タイでの正式なサービス開始を発表した、ゴジェックのナディエム・マカリム最高経営責任者(CEO、左)とゲットのピンヤCEO=2月27日、バンコク(NNA撮影)

タイでの正式なサービス開始を発表した、ゴジェックのナディエム・マカリム最高経営責任者(CEO、左)とゲットのピンヤCEO=2月27日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイインドネシア
関連業種: 食品・飲料金融運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

【循環型経済】ペットボトルを僧侶の袈裟に 寺院が回収拠点、PTTGC支援(08/23)

MICE市場の競争激化 東南ア2カ国、IT対観光(08/23)

7月の車生産6.7%減、3カ月連続マイナス(08/23)

7月の車輸出8.9%減、アジア向け2桁縮小(08/23)

ボルボ、中古トラックの販売部門を設置(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

ウタパオ空港拡張入札、CPの失格が確定(08/23)

不動産サンシリ、米ホテル会社に追加出資(08/23)

アナンダ、下半期は住宅7件の発売計画(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン