豪再生可エネ企、米企の権益増巡り法廷闘争

オーストラリアの再生可能エネルギー開発会社ライオン・グループが、同社に出資する米ヘッジファンドのマグネター・キャピタルに対し、ライオン株の保有割合拡大を阻止するため、ニューサウスウェールズ(NSW)州最高裁判所で争っている。マグネターは短期的利益を意図している…

関連国・地域: オーストラリア日本米国欧州
関連業種: 金融電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーでチェーンのイ…(12/11)

豪政府、海外支援策見直し 海外援助額27%減(12/11)

〔オセアニアン事件簿〕NZの火山島噴火、豪人含む8人行方不明(12/11)

WA環境局、CO2排出実質ゼロ強制を撤回(12/11)

SA州予算、昨年大幅黒字も今後2年は減速(12/11)

豪ライナス、粉砕浸出施設を本国に移設(12/11)

〔オセアニアン事件簿〕NSW州空気汚染、「危険」のなんと12倍!(12/11)

競争委が港湾タスポーツ提訴、独占状態で(12/11)

関電と豪企、余剰電力取引実験が第2段階に(12/11)

小売リジェクトショップ、新CEOが事業改革(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン