• 印刷する

テイクオフ:香港では旧正月になると…

香港では旧正月になると、初詣のほか、太歳という神様を参拝する習慣がある。日本の厄年のように恐れられ、香港ではそれを「犯太歳(太歳を犯すこと)」と言う。犯太歳の人々は、その一年の無事を願いながら太歳の神様に参りに行く習慣「拝太歳(太歳を拝む)」がある。

そんな私も今年は犯太歳の一年。本当に助けてもらえるか分からないが、やらなかったことを後で後悔しないよう、最近行きつけの寺を訪れた。しかし参拝の人々の列が長すぎたため、その日は泣く泣く断念した。

気を取り直し、後日改めて行くと、旧正月がそろそろ終わるためか、行列はない。寺に入って職員に名前を告げると、小さめの赤い紙に名前を書くよう言われた。その紙を儀式進行の担当職員に渡し、「拝太歳」の儀式をしてもらった。正味5分ほどの短さ。これで効果あるかどうか、やはり分からなかった。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7月の空港統計、旅客微増も貨物は7%減(13:23)

テイクオフ:子どもたちは夏休み真っ…(08/20)

深セン新政策、「金融で脱香港依存」の指摘(08/20)

トランプ氏、天安門言及=中国の武力介入けん制(08/20)

中国、トランプ氏に「内政問題」と反発(08/20)

18日デモ、170万人が参加 主催者発表、改正案撤回求め(08/20)

金融当局、銀行界などにデモ影響を聞き取り(08/20)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(08/20)

テンセント出資の仮想銀、数十商品を準備(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン