• 印刷する

テイクオフ:香港では旧正月になると…

香港では旧正月になると、初詣のほか、太歳という神様を参拝する習慣がある。日本の厄年のように恐れられ、香港ではそれを「犯太歳(太歳を犯すこと)」と言う。犯太歳の人々は、その一年の無事を願いながら太歳の神様に参りに行く習慣「拝太歳(太歳を拝む)」がある。

そんな私も今年は犯太歳の一年。本当に助けてもらえるか分からないが、やらなかったことを後で後悔しないよう、最近行きつけの寺を訪れた。しかし参拝の人々の列が長すぎたため、その日は泣く泣く断念した。

気を取り直し、後日改めて行くと、旧正月がそろそろ終わるためか、行列はない。寺に入って職員に名前を告げると、小さめの赤い紙に名前を書くよう言われた。その紙を儀式進行の担当職員に渡し、「拝太歳」の儀式をしてもらった。正味5分ほどの短さ。これで効果あるかどうか、やはり分からなかった。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン