• 印刷する

豪東部州全域、22年までにガス不足=報告書

オーストラリア東部州では2022年までにガス不足に陥り、クイーンズランド(QLD)州は国内供給向けの生産量を拡大する必要に迫られる――。調査会社エナジークエストが最新の報告書の中で、液化天然ガス(LNG)の輸入ターミナルの建設が急務になると訴えている。さらに25年までに国内のガス生産量が減少する見込みで、向こう10年間のガス価格は高水準が続くとしている。27日付地元各紙が伝えた。

エナジークエストによれば、22年までにニューサウスウェールズ州、ビクトリア(VIC)州、南オーストラリア州、タスマニア州でガス不足が深刻化する見込みという。QLD州からのLNG供給では数年しか賄えない上に、VIC州のガス生産量が半減する見込みの26年以降は、東部州の需要に見合うだけのガスが供給できる備蓄は確認されていないとしている。

エナジークエストのベスーン最高経営責任者(CEO)は、「QLD州のガスへの依存の高まりが、都市部へのガス卸売価格を1ギガジュール当たり10〜13豪ドル(約795〜1,034円)以上に押し上げる可能性がある」と予想する。オーストラリア自由競争・消費者委員会(ACCC)のシムズ委員長も先に、価格が下がらない限り重工業各社は閉鎖に追い込まれると警鐘を鳴らしている。

コモンウェルス銀行のアナリスト、ヴィヴェク・ダー氏は、「LNG輸出各社はQLD州と北部準州(NT)でのガス開発への投資を拡大する必要がある。提案されているLNG輸入ターミナルの建設は南部のガス不足の短期的な対策になるかもしれないが、東部州のガス価格圧力にもなるだろう」と述べている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

連邦と州政府、建設業界の規制厳格化で合意(17:47)

大手の法人税減税、経済成長と賃金上昇も(17:47)

シドニートンネル計画、銀行融資意思確認へ(17:47)

テイクオフ:仕事終わりに、日本料理…(07/18)

テイクオフ:シドニー郊外のある洞穴…(07/18)

帝人、豪企と低速EV開発へ 環境・交通問題の解決狙う(07/18)

保険IAG、ネット自動車リース企業に出資(07/18)

ウールワース、ビッグWの閉鎖を加速(07/18)

豪服飾企、中国新疆の強制労働との関連否定(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン