• 印刷する

阪急阪神不動産の合弁、一戸建て住宅着工

フィリピンの住宅開発会社PAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメント(PA)はこのほど、阪急阪神不動産(大阪市)との合弁事業で、カビテ州の一戸建て住宅を着工した。5月の完成を予定している。

同州ダスマリニャス市で開発中の新興住宅地「イデシア・ダスマリニャス」のうち、面積33ヘクタールの敷地に一戸建て住宅167戸を建設する。

同事業では、総額約37億円を投じ、一戸建て住宅456戸、タウンハウス(連棟式住宅)463戸の計919戸を整備する計画。17年11月に造成を開始し、22年8月に全体の工事が完成する予定だ。ジョギングコースやスポーツセンターも併設する。

両社は2018年11月、同市とバタンガス州リパ市の2カ所で新たな一戸建て分譲住宅事業に着手すると発表。2カ所を合わせた事業費は計66億ペソ(約140億円)となる。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

外食ジョリビー、4月にグアム進出(14:20)

テイクオフ:会いに行けるアイドルな…(03/20)

1月は9カ月ぶり財政黒字 予算成立遅れ歳出が前年割れ(03/20)

労働者受け入れ拡大へ協力確認、日比両政府(03/20)

商工会議所新会頭に三菱商事の松永啓一氏(03/20)

在宅勤務導入企業は3割弱、中小企業が先行(03/20)

【アジア自動車データ集】二輪販売(359)(03/20)

レアジョブ、地場英会話学校ジオスを買収(03/20)

中国とインフラ協力で会合、官房長官が訪中(03/20)

1月卸売物価4.0%上昇、前月から横ばい(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン