• 印刷する

テイクオフ:年明けからバンコクの高…

年明けからバンコクの高架鉄道(BTS)の駅を降りた道路沿いにごみ箱が設置されるようになった。普通ごみと、リサイクルの2種類があり、公共の場で環境に配慮する動きは着実に進んでいるようだ。ただ、市民レベルでごみの分別への理解が追い付いているかどうかは微妙だと感じる。

BTS下のリサイクル用のごみ箱をのぞき込むと、瓶や缶、菓子の袋、はたまたヘルメットなど、リサイクルに適さないごみがいくつも入っていた。別の日に人々がごみを捨てる様子を観察してみたが、表記に気を配っている人はごく一部のようだった。

以前自宅のコンドミニアムのごみ捨て場で、リサイクルと書かれたごみ箱に、生ごみや陶器が捨ててあったことを思い出す。何がリサイクルできて、できないのか。注意書きをするなど、ごみの分別への理解が一層進む工夫があればいいと思う。(齋)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏オフィス賃料は低水準 東南ア2番目の低さ、上昇緩やか(09/20)

デュシタニとオリジン、シラチャーにコンド(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

トゥルーデジタルパーク、第1期が全面稼働(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

「マツダ3」新型発売、販売目標は年7千台(09/20)

ノルウェー水産団体、東南ア拠点をタイへ(09/20)

サトウキビ産業支援、5機関・企業が覚書(09/20)

国慶節連休中の旅行、革命聖地巡りに人気(09/20)

緬国境で豚コレラ発生、警戒レベル引き上げ(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン