【ラオス経済通信】2018年世界腐敗度指数を発表 第134回

国際非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(TI)が、各国・地域の汚職の度合いを数値化した「腐敗認識指数(CPI)」の2018年版が発表された。ラオスの清廉度は調査対象の180カ国・地域中、132位で、ホンジュラス、カザフスタン、ミャンマー、パラ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

パクサン税関、1~8月は税収目標未達(09/19)

ヴィエティン銀、ラオス本部を立ち上げ(09/19)

洪水でコメ価格上昇、品薄で輸出にも影響(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

HAGLアグリコ、ラオスの果物農園が水害(09/18)

シェンクワン空港を改修、世界遺産を活用へ(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン