LRT3号線再開、他事業の凍結解除に弾み

マレーシア首都圏のLRT(軽量高架鉄道)3号線の建設を請け負うマレーシアン・リソーシズ・コープ(MRCB)と英系エンジニアリング大手ジョージ・ケント(マレーシア)の合弁会社は22日、財務省傘下の交通インフラ事業会社プラサラナ・マレーシアと工事契約更改の合意書に調…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独ボッシュ、ペナンに半導体検査拠点を設置(18:41)

コロナ特需、ゴム手袋周辺産業にも恩恵(18:41)

テイクオフ:「商売繁盛ですね」。営…(06/04)

短期的な回復計画、月内発表 産業界は無利子融資など要望(06/04)

RM1=25.5円、$1=4.27RM(3日)(06/04)

就業者の7割が職場復帰、先月17日時点で(06/04)

上場企業1Q決算に失望感、半数が予想以下(06/04)

コロナ影響長期化、M&A加速を予想=EY(06/04)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン